観光

ユタ観光★アンテロープ島州立公園とグレイトソルトレイク-野生動物に出会える

ユタ州は、国立公園が多いことで有名ですが、州立公園もあります。今回は、グレイトソルトレイクに囲まれた、アンテロープ島州立公園へ観光に行ってきました!アンテロープ島への行き方、入場料金、駐車場、写真スポット、野生動物、所要時間等について書いていきます。

アンテロープ島とは?

長さ約24km、幅約7kmで、広さは、なんと約1万1350ヘクタール!とても大きいです。

出土品より、なんと6,000年も前から人が住んでいたことがわかっています。

アンテロープ島への行き方

島の北側からは入ることができず、南東にある人口道路を通って島へ行きます。フリーウェイ(高速道路)の出口から約15分程度で人口道路の入口へ着きます。

人口道路は、やはり塩湖に囲まれているだけあってニオイが結構きついです。窓をしめておいたほうがよいかなとおもいます。

アンテロープ島の入場料

人口道路の入口でお金を払います。車1台、$15でした。キャッシュでぴったりもっていると楽です。

また、「車1台」という数え方なので、大人数でいけば一人当たりの負担は安くなります😊

駐車場の場所・料金について

駐車場はビジターセンター、その他、展望台などにそれぞれ駐車場があります。駐車料金は全くかかりません。

アンテロープ島の野生動物

ユタ州とアンテロープ島固有種であり、島の名前の由来となったプロングホーンアンテロープだけでなく、バッファロー、パイソン、コヨーテ、アナグマなど様々な動物が生活しています。

バイソンは、なんと約500-700頭もいるそうです!

私は夏の暑い時期に行ったため、バッファローにしか遭遇できませんでした😢

アンテロープ島でおみやげを購入

ビジターセンターに小さなおみやげやさんがあります。

グレイトソルトレイクに囲まれているので塩が売っていました♪その他、ユタらしいハチミツやハチミツを使った製品も見かけました。

私は、集めているマグネットとポストカードを購入♪

アンテロープ島内をドライブ

まずはビジターセンター。既述のとおりおみやげを買ったり、それから島に関する資料をみたりしました。また、周辺に、フォトスポットがあるので何枚か写真を撮りました😊

その次は西側のブリッジャーベイ。ビーチがあり、トイレやシャワーなどもあります。すぐ近くにレストランも🍴

次に少し南にいくと、ホワイトロックベイ。白い塩がとてもきれいです。

そこから島内を横切って東側へ行き、南へドライブ。行き止まりなので突き当りでUターンして戻ってきました。

島の入口のマリーナも写真を撮るには良いスポットなので少し停まって写真を撮りました♪

アンテロープ島観光の所要時間

比較的大きな島なので、観光に時間がかかるかな?と思いましたが、停まって楽しむ場所は正直あまりありません。

ピクニックやキャンプをする場合を除き、ドライブだけなら1時間半~2時間弱あれば足りるとおもいます。

 

もう少し、様々な動物が見られたらよかったなあと思いますが、湖に囲まれた島の景色やドライブを楽しめました♪